乳首の黒ずみが繰り返し起きてしまう理由とは何なのか

乳首の黒ずみに頭を悩ませる女性は数多くいらっしゃいますが、その中には黒ずみの改善と再発を繰り返すというケースが見られます。例えば乳首の黒ずみ改善には様々な方法がありますが、どの方法を実践したとしても効果が一時的な物になってしまい時間が経つと再び乳首が黒ずんでしまいます。

ただ、この様な方たちの多くは根本的な対策ができていない事が黒ずみを繰り返してしまう理由になっています。なので単なる黒ずみの改善だけにとどまらず、再度乳首が黒ずんでしまわない為のポイントまで理解することが重要なカギになります。

まず肌が黒ずんでしまうのはメラニン色素が生成された事が原因になっていて、基本的にメラニン色素は外部からの刺激に対して生成されるようになっています。例えば紫外線などもそうなのですが、その他にも肌がこすれてしまったりする事も刺激となりメラニン色素は生成されます。

したがって可能な限り外部からの刺激を遮断してメラニン色素が生成されないようにする事が黒ずみを抑えるポイントになり、具体的にこのポイントは二種類に分けることができます。

一つは体を洗う時や汗を拭く時になっていて、この様な行動を取った際にはできる限り優しい力で肌をこする必要があります。この時に力強く肌をこすってしまうとそれは当然刺激になりますので、黒ずみが気になるからと言ってゴシゴシと乳首周辺を洗ってしまう事は逆効果になります。

そしてブラジャーのサイズもポイントになっていて、できれば下着専門店でジャストサイズのブラジャーを何枚か購入しておく事が良いとされています。ブラジャーのサイズが合っていない事も乳首への刺激になる事がありますので、黒ずみ予防には自分にフィットした下着を着用する必要があると言えます。

乳首の黒ずみ これで直した!馬油クリームとレモンとラップ

私は元の乳首の色は、薄いベージュのような色味でした。

しかし、下着の擦れなどから年を重ねるごとに少しずつ濃くなり薄い茶色のような色になってきました。二十歳を過ぎたころきになり色々調べましたが、薬用クリームなどは高価で学生の購入できるものではありませんでした。

比較的やすい美白クリームなどを使用し試みてみましたが効果はなく、今考えると長い間の継続的にしつずけることが必要だったのかもしれません。

そこで購入したクリームの成分を少し調べ、比較的やすい馬油クリームを購入しました。そしてレモンを少し電子レンジで温め馬油を乳首の上に塗った上に輪切りのレモンを乗せラップをかけしばらく様子を見ることにしました。

村工程を毎日入浴前に続け、数日後に気持ち色素沈着が薄くなったように感じました。

馬油は量もありますし、レモンもそんなに効果なものではないのですが、継続するとなると少し値段が気になり、途中から市販のレモン汁で代用しましたが効果は変わらず少しずつ薄くなってきたように思いました。

それから2、3日に1回をずっつ続けていると薄いベージュのような色だった当時までは戻っていませんが、いっとき濃くなった乳首の色は消え、綺麗な乳首の色になったように思います。

また、乳首の色が薄くなってきたことで胸自体の手入れもするようになり、入浴後は馬油クリームで鎖骨から胸にかけてマッサージすることで胸自体のハリや美肌にも効果が出ているように感じます。

血流が良くなることも乳首の黒ずみと関係してくるのかもしれませんね。何事も継続してみると良いと思います。

乳首の黒ずみクリームも最近ブームです。乳首の黒ずみクリームの専門サイトが詳しいので紹介しますね。→【乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!】乳首をピンクにする方法