未分類

バストを大きくする食べ物ってあるの?

バストが小さいという悩みを持っている人にとって気になるのは、「バストを大きくする食べ物があるのかどうか」ということですよね。

まず、バストを大きくする栄養素として考えられるのは、大豆製品に豊富に含まれる「イソフラボン」です。

イソフラボンには、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」と似た作用があることがわかっています。

エストロゲンは「美のホルモン」とも呼ばれ、美しいお肌や髪、そして女性らしい体をつくるのに深くかかわっています。

そして大豆製品にも豆腐や納豆、豆乳などなど色々なものがありますが、どれを摂るのが一番効果的なのでしょうか?

結論から言うと実は「味噌」です。ちょっと意外な感じもするかもしれませんね。

大豆イソフラボンには「アグリコン型」と「グリコシド型」の2種類があるのですが、この2種類の違いというのは「糖がついているかどうか」という点です。

そしてアグリコン型には糖がついていないので分子構造が小さく、消化吸収されやすいという特徴があります。

実は大豆製品の中では味噌だけがアグリコン型イソフラボンを含んでいるのです。

なので、バストを大きくするには「味噌汁」を毎日飲むのが効果的だと言えます。

ちなみに、イソフラボンは大量に摂ればそれだけ効果がアップするというわけでもありません。

食品安全委員会は、1日の大豆イソフラボンの摂取量を「70mg程度」と定めています。

ちなみに味噌汁1杯に含まれるイソフラボン量は約6mg、納豆1パックは(45g)は36mg、木綿豆腐1/2丁150gで約42mgです。

味噌汁を毎日飲む分、他の大豆製品を摂りすぎないように注意してくださいね。

バストを大きくする注目の成分「ボロン」とは?

寝るときはノーブラのほうがぐっすりと眠れる…という人もいれば、逆にブラをしていないと落ち着かないし、ノーブラだと垂れてしまうんじゃないか…と心配する人もいるかと思います。

実際に、寝るときにブラをつけていますか?というアンケートでは、半数以上の人がブラを付けずに寝ているという結果も出ています。

やはり寝ている時にも締め付けられるとリラックスできないし、熟睡できない!という人が多いのかもしれませんね。

また、アメリカの研究では、寝るときもブラを付けている乳がんのリスクが上がる…という結果も出ているんだそう。その研究によると、ブラジャーのワイヤーによってリンパ管が締め付けられることで、発がん性物質が乳房に溜まりやすくなるとされています。

いずれにしても、夜寝るときにもギューギューと締め付けるというのは、安眠を含めあまり健康には良くないという考えが主流になってきているようですね。

ただ、日本人のバストというのは欧米人と比べると脂肪の割合が多く、柔らかいため垂れやすいという特徴があります。なので、ノーブラの時間が長くなると当然垂れるリスクも上がってしまいますね。

そこでオススメなのが、最近色々な商品が売られるようになっている「ナイトブラ」。

ナイトブラであればワイヤーの締め付けもなく、リンパ管の締め付けなどの乳がんリスクを上げる問題も気にすることはありませんし、何よりも苦しくないから睡眠を妨げないというのは嬉しい点ですね。

普通のブラを付けて寝ている…という人は、バストのためにも是非夜専用の「ナイトブラ」を使用することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です